季節によって敏感肌に!特に花粉の時期はツライ体験談。

あなたの敏感肌は季節によって状態が変わっていませんか?実は多くの人が同じ悩みを持っています。みんなの体験談を紹介!

「 季節ごとの敏感肌 」 一覧

no image

一年敏感肌に悩むお話

2017/04/05   -季節ごとの敏感肌

私は男性ですが小さい頃からアトピー性皮膚炎が発症して今に至ります。 小さい頃からアレルギーで敏感肌な私は腕と足を少し掻くだけでも肌が白くなったりするので直ぐに保湿をせずにそのままでいると肌が割れて血が滲み出てくるので浮上に厄介です。 特に成人後に脱ステロイドをした事で顔から浸出液がでたりと約一年ほど治療生活が続きました。 今では昔と比べ比較的肌の調子が良くなってきましたがまだまだ安心が出来ない状態ですが自分自身の肌の状態が分かってきたので日々気を付けるようにしています。 自分の肌のお手入れ方法ですが入浴後に風呂の水分を拭き取った後にすぐ保温用のクリームを使用、炎症と乾燥がひどい時は馬油を使用していました。 つい最近では皮膚科で処方されていた塗り薬を使用していましたが特に顔がゴワゴワした感じになるので顔には使用するのは止めて体の足に使用したりしています。 化粧品で気を使っている部分は薬局で販売されている塗り薬は使用せず体には皮膚科で処方された物を使用し顔には自分に合うものを使用、酵素成分が含まれた物を使用しています。 時期による肌の状態ですが基本調子が悪いですが春がとても調子がよく梅雨が一番酷いです。 夏場は汗を掻くとかゆみが酷く冬は寒さで傷口が痛む事があります。 極度な乾燥肌の改善方法 わたしは極度に皮膚が乾燥し、肌のバリアがなくなって常にヒリヒリしているタイプです。 肌を掻くのはよくないと思っているのですが、つい触ってしまい、せっかく治ってきた肌もまた育て直ししなくてはならないことがしばしばあります。 皮膚科に通ったこともありますが、治る気配もなく、途中で薬をやめてしまいました。 また通うのも億劫でこれから病院にお世話になりっぱなしも嫌だなと思い、最近は自分で治せるようになろうと思い、自己流で肌のケアをすることにしました。 まず、化粧水は水っぽくなり過ぎず、とろみがつき過ぎないちょうど良い質感のものを選んでいます。 とろみのある化粧水はつけたばかりの時は肌がしっとりして効いている感じがするので好きなのですが、肌の奥まで染み込むことができないらしいということを雑誌で見てやめました。 あと添加物が過度に入っているものはビリビリしてくるので、なるべくナチュラルなもの。 基準は原料に入ってるものの名前がカタカナや数字がなるべく少ないものを選ぶようにしてます。 カタカナや数字が入ってるものはたいてい添加物である場合が多いからです。 あとはシアバターで蓋をして保湿したものが外気に逃げないようにします。 その方法でかなり肌の状態は治ったのですが、やはり長年乾燥肌が続いたせいか、乾燥肌を治すことまではできませんでした。 今も模索中です。

no image

季節ごとに変わる敏感肌との付き合い方

2017/04/05   -季節ごとの敏感肌

もともと敏感肌でアレルギー持ちです。 通年性アレルギーなので季節ごとに上手に付き合ってきましたが、基本的には皮ふ科で処方されたローション・保湿剤を使ってケアしています。 敏感肌で困っていることは、乾燥・皮脂のコントロールがうまくできない事、私の場合は保湿をメインにしていますが、やはり乾燥しやすい部分に 赤みがでたり痒くなったりします。 冬の乾燥している時は、保湿メインでもいいですが、夏はベタつきが気になったり、日差しで肌が乾燥したようになり赤くなる事も多いです。 冬は暖房が聞いていると、顔が真っ赤になったり季節ごとで悩みは尽きません。 アレルギーが出やすい季節になると、マスクで顔をカバーしています。 幸いマスクですれて痒くなるという事はないので、助かっています。 化粧品に関しては、昔から使っているメーカーをなるべく変えることなく使い続けています。 日焼け止めは子供用・敏感肌用を使って、コンシーラー・ファンデーション(クリームファンデーション・リキッドファンデーション)季節で使い分けたりします。 最近は最後におしろい変わりにベビーパウダーで抑えていますが、仕上がりもいいし肌にも負担がないので気に入っています。 最後に、敏感肌で皮ふ科へ通院して、塗り薬やアレルギー薬の他に漢方も処方して頂いてますが、気長に続けていると効果があるように思います。 オシャレしたくても口紅が付けれない 私は唇が敏感のため、口紅やグロスを付けることが出来ません。 かれこれ8年前ぐらいの出来事です。 友人に韓国のお土産でグロスを貰いました。 それまで、リップや口紅・グロスどの種類のものを付けても口紅が荒れるということはありませんでした。 それが、友人からもらったお土産のグロスをつけた、その日に唇がかゆくなりただれてしまったのです。 とてもショックでした。 スグに病院に行き、塗り薬を処方してもらいました。 薬のおかげで、ただれや荒れは収まりました。 ただ、季節の変わり目になったりすると1度荒れたことが癖付いてしまったのか、かゆみやただれなどの現象が起きてしまいます。 その都度、病院に行って薬を処方してもらってます。 調子にのって、唇の調子が良い時に口紅やグロスを塗ると荒れてしまいます。 その度に、8年前に荒れてしまったことを悔やむ自分がいます。 どの成分が、自分の体質に合っていないのか今でも不明です。 ただ、あれから月日が経つに連れて季節の変わり目で荒れるということは少なくなってきました。 また、肌に良くないとされているパラベンフリーの口紅を探して購入してみた結果、荒れないものもあります。 なので、今は大事な日だけその口紅を付けるようにしています。 まだまだ、長い月日がかかるかもしれませんが病院から処方してもらっているワセリンで保護をしながら自然に荒れない唇に戻っていけばいいなと思っています。

no image

春先が一番ひどい状態の肌

2017/04/05   -季節ごとの敏感肌

もともと、アレルギー性鼻炎でアトピーの一歩手前と言われていました。 年を重ねるごとにどんどん弱くなりヘヤカラ―も昔は平気でしたが一度やってもらってる最中に地肌がヒリヒリして流してもらった事があります。 スポーツクラブで泳いでも最近は顔が塩素のせいかヒリヒリ、季節の変わり目には顔が赤くかぶれたようになり年中ヒリヒリしています。 得に植物が芽吹く春先から梅雨にかけてはひどいものでヒリヒリ度合が増えて、化粧水なんてつけられません。 そんな時に庭で草取りをして軍手でしたが草の汁がついたところで軍手のまま顔をかいたら見る見るうちに頬がはれ上がり、みんなを驚かせた事がありました。 春は色んな物が空気中にも飛んでいて毛虫などの毛も浮揚しているそうです。  そんな状態なのでお手入れは保湿はもちろんですがあまり色々塗らずに化粧水を軽くたたいた後は、手作り石鹸のお店で無添加の赤ちゃんが口にしても大丈夫と言われているシアバターを塗っています。 仕事以外ではほとんどお化粧はしていません。 また母も肌が弱い為に処方してもらってる「シナール錠」を分けてもらって飲んだり、ルイボスティーには抗酸化成分(酵素)が含まれている為に皮膚炎が押さえられると聞いて飲むようになりました。 敏感肌の悩みと対処法 わたしは幼少期の頃からアトピー性皮膚炎で、小学生の時は毎晩掻きむしっていました。 年齢があがるごとに症状は落ち着いてきましたが、20歳を過ぎた頃から顔に出るようになり、特に髪の毛の生え際のおでこに痒みが出る事が多く、顔なので掻いてしまうと目立つのが悩みです。 顔に痒みが出たら早めに皮膚科に行って受診するようにしています。 弱めのステロイドを痒い部分に出してもらって数日すると落ち着きますが、合わない化粧品を使ったり、季節の変わり目や不規則な生活をするとまた痒みが出てしまいます。 また、毎年花粉の季節には顔に赤い発疹が出る事が多いのですが今年は特に発疹が顔全体に出てしまいひどい状態です。 以前、ホットヨガに通っている時は比較的アトピーの症状が落ち着いていたので、また時間があれば通いたいと思っています。 普段のお手入れはシンプルにジェルクレンジングに泡のW洗顔をして、化粧水に皮膚科で出してもらっているヒルドイドを塗っておしまいです。 たまに化粧が落ちきっていないなと思う時はちふれのふき取り化粧水で顔を拭いてから化粧水乳液をしています。 化粧品購入の際に気をつけている事は、有名ブランドのような外国製のものよりも国内のみで売られているようなシンプルな原料で作られているものを買うようにしています。

no image

特に春先は肌荒れします

2017/04/05   -季節ごとの敏感肌

ほぼ一年中何らかの花粉にアレルギー反応がある花粉症なので、鼻詰まりや目のかゆみには悩まされています。 特に春先は花粉の多い時期なので肌荒れを起こしています。 目をかく癖があるので目元は特にヒリヒリとしています。 なので、アルコール成分を含んだ化粧品は使うと赤くなったり、かゆみが出るため使うことは出来ません。 普段はアルコール成分が微量含まれている化粧液を使っていますが、花粉の多くなる2月以降は同じメーカーの敏感肌用の化粧液を使うようにしています。 また、初めて使うような慣れていない商品は使うことは控えています。 使ってみたい商品は肌が落ち着いた時期に試すように気をつけています。 基礎化粧品は敏感肌用なのはもちろん、日焼け止めクリームも花粉やちり・ほこりをブロックしてくれる効果のあるものを使うようにしました。 化粧下地としても使えるタイプのものです。 その日焼け止めクリームを使うようになってからは以前よりもかゆみが治まっているように感じています。 酷い時はおでこや髪の生え際などにかゆみが出てかいてしまい、皮がめくれることがありました。 ですが、花粉ブロックの日焼け止めクリームを塗るようになった昨年からはそれは起きていません。 肌が弱いとわ思ってなかった。 子供の頃、水ぼうそうになってその後がアザになりなかなか消えず小学3年生くらいの時やはり女の子なので親が心配して病院に行ったところ20歳くらいまで成長すれば体も大きくなり消えると言われました。 身体中に斑点のようにアザがある為学校の水泳教室の時間が恥ずかしく水着になるのが嫌でたまりませんでした。 でも大人になった頃に本当に綺麗に消えました。 中学生の時は、ニキビが、ひどく一生懸命顔を洗っても治らず、一つ違いの姉も一緒でした。 姉が成人する頃ニキビでひどい顔が嘘のように治りました。 その姉を見ていたので治るんだと知りその後私も綺麗に治りました。 私は、北海道に住んでいたのですが大人になり上京して1週間後に身体中のか皮膚の皮が一皮むけました。 薄く日焼けした時と同じむけ方でした。 多分水があわなかったのだと思います。 一皮むけた後は、同じ事は、起こりませんでした。 なれたんだと思います。 今は、美容師をしていますが、カラー剤やパーマ液などで手がかぶれますが、仕事なので薬を塗りながらなんとか頑張ってます。 肌トラブルは、多分ずっとなのだと思いますがなんとかしのいでます。 同じ仕事をしてる仲間もなんでもない人もいますが、美容師の大半は、手の荒れで苦労してますが、仕事なのでみんな私と同じようにしのいでます。