季節によって敏感肌に!特に花粉の時期はツライ体験談。

あなたの敏感肌は季節によって状態が変わっていませんか?実は多くの人が同じ悩みを持っています。みんなの体験談を紹介!

鼻水はそうでもないのですが、花粉症の季節になると色んな場所がかゆいのです。

まずは目と顔です。

炎症起こしてるのかと思うぐらい、カーッとかゆくなります。

この対策は、家に帰ったらすぐ水洗いで顔を洗うことです。

顔中に花粉がついてるので、洗い落とすと楽になります。

次は、頭です。

めちゃくちゃかゆいです。

頭皮に花粉がついて、炎症を起こしてるのです。

これをかいてしまうと、傷がついて炎症が悪化するのです。

かゆいの連鎖です。

頭をかいてる途中で顔に触れてしまい、また顔がかゆくなってしまうという悪循環が起こります。

この対策も、帰ったらすぐにシャワーを浴びればかなり改善されます。

少しでも花粉が肌につかないようにするために、マスクは欠かせません。

マスクのおかげで鼻水はそんなにひどくないと思います。

花粉て飛びまくっていて、身体中についていることにビックリしました。

花粉症じゃないと思っていましたが、この時期になると鼻がつまったり喉が痛くなる原因は、全部花粉でした。

顔についた花粉を気にして顔に触れてしまうと、傷がついてニキビになってしまうので、より注意が必要です。

毎日かゆみとの戦いですが、ジムに行って体力をつけたら、抵抗力が上がったのか、かゆみが少し和らいだ気がします。

去年よりも。

敏感肌って、ちょっと面倒☆

私は敏感肌なので、使う化粧品やお手入れの仕方には気を使います。

化粧品は物によってかぶれることがあるので、選ぶ時は慎重になります。

スキンケアもメーキャップも最低限で済ませています。

その方が、いろいろ使うよりもキレイな肌を保てるからです。

スキンケアは添加物を極力使わない、天然由来の物を選んでいます。

肌の保湿用に化粧水は手作りの物を、乳液やクリーム代わりとして無添加のホホバオイルやマカダミアナッツオイルを使っています。

その時々の肌の状態に応じて、乾燥している時は多めに、生理前で肌の調子が良くない、吹き出物が出やすい時は控えめに塗るようにしています。

メイク落としにも前述の天然由来のオイルを使っています。

オイルを1本でも用意しておくと、肌の保湿やメイク落としに、またパサついた毛先に少し塗ってヘアクリーム代わりにしたりと応用範囲が広いのでオススメです。

メーキャップ化粧品も物によってはかぶれるものがあるので、敏感肌にとっては選ぶ時に注意が必要です。

幸い私の肌は、合わないものだとすぐに反応するので、塗って赤みが出て痒くなったり吹き出物が出たりするようなものは即、処分します。

長時間・長期間、使っていても問題がない物は長く使い続けています。
今、使用しているのはアトピスマイルです。

アトピスマイル口コミでも話題になっていたので、使い始めました。
今のところ、問題はありませんが、いつ合わなくなるのかヒヤヒヤしています。

扱いが少し面倒な自分の肌を大事にいたわって、いつまでもキレイな肌でいたいと思います。

季節の変わり目に痒くなる肌の手入れ

花粉が飛ぶ頃になると敏感肌の症状が現れます。

目の下あたりから始まって頬全体に広がります。

痒いと思っていたら洗顔した後に化粧水を付けたあとからほんのり赤くなり始めてそのうち真っ赤になってきます。

しばらくして治まってくるのですが洗顔すればまた痛くなります。

化粧品を代えたときも痛くて使えなくなることもあり、高価なものほど美容成分が濃く配合されていたり、たくさんの種類の成分が入っているのでアレルギーが起こりやすくなるのです。

痛くなり始めたら水で洗うようにしますが決してこすらずに出来ればシャワーを使うと刺激が少なくて済みます。

石鹸は使いません。

油分が取れすぎると必ずトラブルが酷くなるからです。

ステロイドは後で酷くなった経験があるので使いません。

いつもの化粧水とクリームでダメな時はアルージュのエマルジョンを使います。

刺激から肌を守ってくれるので痛みが引きます。

アスカの敏感肌のシリーズはクリームがサラッとしていて使い心地も良く下地を付けなくてもいいので使いやすいし痛くなりません。

泥系の洗顔料やパックは絶対に使わないようにしています。

毛穴がすっきりするタイプの物はかえって肌が硬くなり痛みます。

剥がすタイプのパックも同様です。

基本は何でも「たくさんつけすぎない」ことが無難です。

私の敏感肌のお手入れ方法

私はお肌は敏感肌で、特に季節の変わり目や、花粉が飛ぶ時期に症状がひどくでます。

少しの刺激で顔が真っ赤になって痛く感じたり、カサカサ乾燥したりしてしまいます。

生理前や生理中もお肌が敏感になってしまい、顔を少しこすったり、マスクを装着したり、そんな刺激だけでも顔が赤くただれたようになってしまいます。

その時期は普段の化粧品も合わなくなるので普段のケアも出来ません。

普段使っている基礎化粧品は、美白効果のある化粧水や乳液ですが、敏感になっている時期はそれを使うと顔全体が真っ赤になってしまいます。

ずっと敏感肌にも使える基礎化粧品をさがしていたのですが、妊娠中に使っていた妊娠線予防クリームがとても保湿力に優れて、オーガニックのものだったので、試しに顔に塗ってみたところ、私のお肌に合ってくれて、刺激や赤みがでませんでした。

そこから敏感になっている時期は、そのクリームのみ顔に塗るようになりました。

伸びがいいので顔をこすらなくてもスルスルのびて浸透してくれるので、お肌に余計な刺激を与えることもありません。

そのクリームに変えてからは、敏感な時期でもほんのり赤くなるだけで以前のように真っ赤にただれることはなくなりました。

「肌に余計な刺激を与えない」「保湿をしっかりする」この2つが敏感肌を改善するとても大事なことだと思っています。

投稿日:April 5, 2017 更新日:

執筆者: